Pixiv「リクエスト機能リリース」手数料は10%+振込手数料300円【9/30速報】

 9/30にリクエスト機能が実装されました。pixivユーザーという圧倒的数を武器に、大差を感じさせない手数料で他社と差別化。手数料の数%と扱いなれたプラットフォームでのやり取りが選ばれる理由。安さより使いやすさでpixivは上をいきそうです。気になる振込報酬などをまとめました。

気になる振込報酬などをまとめました。

手数料は10%+振込手数料200~300円
相乗りという複数からのリクエストシステムが新鮮
キャンセル時自動返金

相乗りシステムの図

色んな思考は生まれるかと思いますが、一画三得のクリエイターはやる気になって描く。その上、ピクシブは手数料を3倍とれる。

手数料は10%+振込手数料200~300円

キャンセルすると自動返金

相乗りが新鮮

【9/30】リリースされました。

pixiv新機能「リクエスト機能」がリリース開始

特設サイト

https://www.pixiv.net/request/about

PV

クリエイターはリクエスト機能をオンにすることで、pixiv上で、ファンからの創作リクエストをpixivに投稿可能な作品4種類(イラスト、マンガ、小説、うごイラ)すべてにおいて有償で募集することができます。クリエイターは、事前にリクエストを受け付ける「目安の金額」を設定しておくことが可能です。ファンは、創作してほしい作品のイメージを「リクエスト」として、受け付けているクリエイターに送ることができます。

懸念「クリエイターに傾倒しすぎた」サービス

 note「FANBOXはなぜクリエイターを甘やかすのか?」でも取り上げられた、ピクシブを支えるプレミア会員を呼び込むため「クリエイターに傾倒したサービス」を展開せざるを得ないピクシブがあります。
 結果としてバイヤー(コミッションを発注する側)が損する。そこからバイヤーによる口コミによってPixivひいてはクリエイターが批判される流れが懸念されます。

受けたいものだけ受ければいい。「僕のリクエストはピクシブにも、クリエイターにも拒否されたのか」

 個人のクリエイターが予め「受けたいものだけ受けます」と言うのと、サービスを提供するピクシブが「受けたいものだけ受ければいい」という。これは姿勢が違います。ピクシブが介する事で「拒否されたバイヤーの反応が1段階強くなります」

 もちろんそのように受け止めないバイヤーがほとんどですが、そういう反応が引き起こされることを知っておかなければなりません。

今後の注目ポイント「手数料や他者サービスとの差別化」

 強力なクリエイターの囲い込みを行うピクシブが他者サービスとどう差別化していくかが今後の注目点です。とりわけ手数料。おそらくクリエイターに有利。バイヤーに不利なものになるでしょう。今後の動向を注視するほかないですね。

最新表/Latest Table

【読切】コミケ当落【4コマ漫画】_22

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】噂【4コマ漫画】_21

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】貧乳【4コマ漫画】_20

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】ひよこ【4コマ漫画】_19

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】いいねとRTで遅くなるギロチン【4コマ漫画】_18

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】出張何でも買取本舗【4コマ漫画】_17

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】シスターと女生徒【4コマ漫画】_16

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】おっさんTS【4コマ漫画】_15

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

-雑記

© 2021 TanakaKazumu Powered by AFFINGER5