アリアンロッド2EでPCがダメージを受ける場合の基本戦術

2021年11月3日

ダメージ判定になるとPCは次のスキルを宣言する。

ウォーリアー:カバーリング、カバームーブ、防御力上昇系スキルの宣言
アコライト:プロテクション

ウォーリアーの防御力上昇系スキル

  • DR直後:アイアンクラッド、コスト3
  • パッシブ:オートガード、コストなし
  • マイナー:ディフェンダー、コスト3
  • 自動:フルディフェンス、コスト5 ディフェンダーがフリーアクションになる。

敵ボスエネミーの攻撃方法を作る場合

  • ウォーリアーの防御力、魔法防御力を固定ダメージに追加する。
  • プロテクションの平均値を固定ダメージに追加する。
  • 与えたいダメージを固定ダメージに追加する。
  • 乱数を決める。(ダメージダイスを決める)。乱数は出目が良い場合、ウォーリアーが率先してスキル使用を宣言する程度にする。

上記の方法で作ったボスエネミーはPC4人を想定しています。CL×4人+1がボスエネミーのレベルです。例:CL1×4+1=ボスのレベルは5です。

例:

  • ウォーリアーの防御力5
  • プロテクションの平均値6
  • 与えたいダメージ10
  • 2D6

→2D6+21 物理攻撃
→ダメージの振れ幅:23~37
→実ダメージの振れ幅:12~26(平均19)

実ダメージの振れ幅平均値でウォーリアー以外のPCが即死するか

即死する場合はダメージダイスを減らすか固定ダメージ値を減らします。
ウォーリアーがカバーリングしてきた場合、最大実ダメージ26ですが防御系スキルを宣言するためやはり平均値程度のダメージになります。

確殺回数で考える

ダメージ量の調整は「PCが死なない回数」から考える方法と「何回でPCが倒せるか」から考える方法があります。
より緊張感のあるボス戦にする場合「 何回でPCが倒せるか =確殺回数」を考えると良いです。

与えたいダメージ量=ウォーリアー以外が確殺2回で死ぬダメージ

これにするとかなり緊張感のある戦闘になります。確殺2でも実際はPCはHPPOTを使うため確殺3回です。
戦闘が長引けばプロテクション切れを起こすので乱数1でPCは落ちます。

戦闘開始時のHPとMPを考慮する

ボス戦の前にモブ戦があり、HPとMPが損耗している場合、確殺1回になってしまう場合があります。
確殺1はPLのダウンタイムを生んでしまうため避けます。

モブ戦は「ボス戦が終わるターン数に必要なMPだけ削る」

例:

  • ウォーリアーの防御力5
  • プロテクションの平均値6
  • 与えたいダメージ0
  • 2D6

→2D6+11 物理攻撃
→ダメージの振れ幅:13~27
→実ダメージの振れ幅:1~17(平均9)

つまり、HPを削るのではなく、MPを削る敵モブにすればよいわけです。このエネミーはほぼCLと同じ程度のLvとして扱います。

敵エネミーの行動機会(HPの設定)

HPはルルブ①②のエネミーを参考にしますが、目安として「どれだけエネミーがPCを攻撃できるか?」で考えます。モブエネミーの場合行動機会は約1回が一般的です。PC側からすれば確殺2のエネミーということです。エネミーが3体なら、プロテクションは3回使わせることが出来ると考えて良いです。

プロテクションをもっと使わせたい場合:行動機会を増やせば倍になります。つまり「確殺3のHPにすればよい」というわけです。

仮想戦

上記を参考に作ったエネミーは参加するPCの情報と仮想戦闘させます。その結果を得てシナリオを調整します。
必要に応じてPOTをシナリオ中に配置するなどの措置が必要です。

最新表/Latest Table

【読切】コミケ当落【4コマ漫画】_22

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】噂【4コマ漫画】_21

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】貧乳【4コマ漫画】_20

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】ひよこ【4コマ漫画】_19

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】いいねとRTで遅くなるギロチン【4コマ漫画】_18

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】出張何でも買取本舗【4コマ漫画】_17

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】シスターと女生徒【4コマ漫画】_16

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

【読切】おっさんTS【4コマ漫画】_15

Twitterに投稿した4コマ漫画です。

-TRPG
-

© 2021 TanakaKazumu Powered by AFFINGER5